Latest Posts

自然なスキンシップのとり方

EC043_L

スキンシップをとろうにも「カレは手をつないでくれない」といった不満をもらす女性がけっこういます。
「愛してると言ってくれない」「手をにぎってもくれない」「キスしてくれない」。
「愛してると言ってくれない」はさておき、スキンシップに関しては、カレがやってくれないなら自分からやればいい。女性であるあなたのほうから手をつないであげるのです。
そうすれば感触が残って、向こうから自然とつなぐようになります。
相手にさせようと思ったら、まずこちらからやってみる。カレも応じるようになり、それが2人の空気をつくるのです。
よくこれを「犬に学べ」と言います。犬はすべてスキンシップで交際(?)してますね。
男性には怖がっている者が多いと言えます。もし手をとって嫌がられたらどうしようと。
でも女性から手をにぎられて嫌な気持ちになる者はいません。触られると男性はより深い愛情を相手に持ちます。習慣がなくたって、2人の空気はあなたが作れるでしょう。

あなたから手をつなげばより深い感触が生まれますので、今、相手がいないのであれば、
素敵なパートナーを見つけて、是非あなたから手を繋いでください。二人の関係が深まります。
「一番大きな理由としては、自分の仕事がまだまだ安定していないってことかな。通訳って三十歳になるまでは修行だってよく聞くんです。
私はまだ学生の身だし、実家でノホホンとして経済的にも自立できていない状態だし、そんなうちは結婚できないなって思う。
今、私が一番甘えちゃってるのが彼の存在なんですね。年も離れてるし、子供扱いされてるってわけでもないんだけど、今結婚したら私が彼に寄りかかってしまうだろうと思って……。
少なくとも経済的に自立するまではできないなって思う……」

出典:出会いがない 社会人
EC043_L

いい香りを漂わせる女性になるには

EC078_L

自分がいい香りの女性になるには、どうすればいいでしょう。答えは簡単。皮膚を清潔にすることです。
それにはまず入浴。最近はシャワーですませる女性が増えているようですが、シャワーだと肌への刺激がたりません。
肌を敏感にするためにも、しっかり入浴です。

また肌が敏感であることが、よいセックスの第1歩とも言えます。
香水という物理的な力を借りる方法も1手です。それとスキンシップ。
さわったり、抱きしめることが大事。美容師好きの女性が多いのは、彼らがうなじとか髪の毛を自然なタッチで触るからですね。
意識してもしなくても髪の毛や肌に触れるという行為は、2人の仲を強烈に深くします。
しかも、触った方よりも触られた方に強い印象が残るのです。狙った男性を触ると相手は自分を好きになります。

皮悶力アップにもスキンシップが重要なうえ、気持ちのよしあしを判断する肌の能力が高まり、物理的な匂いとは違った芳香を放つようになるのです。

男性は女性に触られるとその人を好きになりやすいのです。
あなたも、素敵な男性を見つけて、さりげなく触れてみましょう。
最初はさりげなくです。触れられるだけで男性は嬉しくなります。

きっと心のどこかに結婚や家庭を怖がっているところがあるのではないかと尋ねると、素直にうなずいた。

「たぶん母が完壁な主婦像、完壁な母親像を求めていたので、妻になったら、母になったらこうじやなきやいけないって部分が私の中にも無意識のうちにたくさんあるんですね。
結婚して二人で暮らしたとしたら、これも私がしなきゃいけない、これも私がって、何か私一人が自分に欲張って、何でもできるブリをしてしまう気がする。
仕事もしたいし、結婚もしたいし……欲張りなんでしょうね。
ただ、二人とも中国に住んでいたという影響が大きくて、中国だと男性が家事をしたりもするし、双方が仕事を持ってたら、できる人ができるときにって感じだから。
逆に私が仕事をしないでウチにずっといて主婦だったら、私から腐っていってしまいそうで、それが一番怖いですね」

出典:
EC078_L

鼻では気がつかない皮膚力が発する香り

EC120_L

皮層力が高まるとよい香りを発散するようになります。物理的な匂いでないよい香りが肌から漂ってくるのです。抱きしめたくなるような香りです。
これは自分で気がついてなくても相手は感じているものです。またあなたも相手の香りを感じとり、自分にとっていい香りがしそうな人を好きになって、つき合っているのです。
反対にイヤな人がいるとイヤな香りを感じとり、そういう相手の前では身を隠すようになります。皮膚力があれば防衛能力が働き、イヤな香りもわかる自分がいます。
まだ皮庸力に自信がないなら物理的に香水の力を借りてもいいでしょう。人工的な匂いでダマすわけですが、それだけ香りは重要。
意識を通さずに直接、感覚へ訴えかける要素だから。香りと知覚神経は同じなのです。

とにかくこれだけは知ってほしいし、本当にはっきりと言えます。物理的な匂いとして知覚できない香りをかいで、人は人を判断しています。それをオーラと呼んだりもします。
香りをかぎわけるのに敏感な女性はいい男をものにします。
嗅覚とは違った、皮膚力によるかぎ分けです。
皮層力でオーラをかぎわけられるようになったら、新しい出会いを探しましょう。

自分の家庭のようにはなりたくないという彼女が理想とするのは、中国に留学していたときにお世話になったという大学の先生の家庭だ。
「二人とも教員をしているご夫婦だったんです。それもあるのか、夫婦であり、父母でもあるんですが、この二人は志を同じくしたパートナーだなってすごく強く感じたんです。
それを見ていて、夫婦ってのは、何か、仕事じゃなくても、同じものを共有するパートナーでいたいなって意識がすごく強くなった。
いっしょに暮らして、ある時期子供が産まれて父親や母親をしなくちゃいけなくても、
どこかでその夫婦なりのパートナーの意味があれば、それが夫婦なのかなって……。
いい意味で支え合って、切瑳琢磨し合って、影響与え合いながら生きていけたらいいなって思います。
そこの家では、奥様もバリバリ仕事してるし、いつも女の人も自分で立って二人で歩いていかなきゃいけないって言うんです。
自分で立てない人は二人で歩けないって……」

参考:出会い系 サクラいない
EC120_L

もっと皮膚力を高めるには

EC155_L

皮膚力アップには、他にもいろいろな方法があります。
温泉につかるのは簡単な例です。砂風呂に入るなんてのもいいかもしれません。
とにかく肌にいいことはやってみるべきです。そうすると、「気の利く女」になれます。
つまり、他人が言葉で口に出さなくても、その気持ちがわかるようになるんですね。
日本には入浴という習慣があることが、これだけ相互理解の社会を生んだと言えるかもしれません。
極端な個人主義の欧米とは対象的です。
つまりは皮膚力の平均値が高いわけです。

触覚がすぐれているからこそ、周囲の気持ちを読みとれる。
「あれ」とか「これ」と言っただけで相手が何を指しているかがわかる。肌合いで物事が進む社会です。
反対に言えば、皮膚力が低いと相手の気持ちを読みとれないから、恋愛に負ける可能性があります。
意識して高める努力をしてソンはないでしょう。
しかし、近年は日本人でもシャワーだけで済ます人が増えてきて、個人主義な人が増えてきているようです。
恋愛だけではありませんが、恋愛に負けないように入浴しましょう。

皮膚力を高めて気の利く女になったら、あなたと相性が合う素敵な結婚相手を探してください。
きっと幸せになれるお相手が見つかります。

「田舎に帰って来い、見合いしろって、あんまりしつこく言われるんで、最近やっと親とケンカできるようになりました。
小さいころからずっと、内心ではぜんぜん違ってたのに、親の前ではすごいいい子を演じてきたんですけど……」
二十七歳の竹内美加子さんは愛知県の郊外で生まれ、大学入学と同時に東京に出てきた。
理由はとにかく早く家を出たかったから。大学の専攻はフランス語だが、特に将来を考えて選んだということでもない。
四つ上の姉がずっと英語を勉強していて、語学をやっていれば何かの役に立つだろうと思った。英語は姉にかないっこないのでフランス語にしただけなのだという。

参考:結婚相談所 選び方
EC155_L

皮膚の感触で異性との相性を判断する

EC022_L

相性を判断するのも皮層の感触から

皮膚力の大切さについて続けます。
さわって気持ちいいかどうか。「肌合いがいい」という「相性」です。さわって気持ちいい人とは、セックスも気持ちいい。
自分を磨いている人ほど皮膚の能力が高いから、気持ちよさの判断に敏感です。人は皮膚で相性をキャッチして生きているのです。だからこそ皮膚力を敏感にしましょう。

ではいかに磨くかですが、心のワクワク感。いわゆる心のときめく感じが自分を磨きます。
周囲の人を見て「この人、イヤ」「この人、気持ちよさそう」「この人、ダメ」みたいな感覚が生理的にあるでしょう。この感覚を意識してください。
服を着るにしても「この服、肌ざわりがよくない」「この服、気持ちいい」があるでしょう。とにかく気持ちいい服だけを着るようにします。肌合いを大切にするのです。

体温が下がると皮層力も落ちますから、体温は上げたほうがいい。新陳代謝がよくなるような食事を心がけます。
香辛料を使ったり、たんぱく質やコラーゲンの多い食事ですね。一般的に皮膚力が高まると肌もキレイになるものです。

皮虐力アップで肌もキレイになったら新しい出会いが始まります。
是非、あなたと相性の良いお相手を見つけて幸せを掴んでください。

「東京じゃなくてもよかったけど、大学も就職もとにかく県外に行こうと思ったんです」毛足のやわらかそうなブラウンのセーターに包まれて、人なつっこそうな笑顔で話す。
「期待を裏切りたくなかったし、いい子でないといけないって……なんででしょうね。ずっと思ってたから。
だから反抗する気持ちはあっても表に出せなくて、早く一人になって自分の時間で自分のやりたいように生活したいなって思ってた」
家が厳しかったわけではないが、親は二人の姉妹ともハコ入り娘として育てたかったようだ。

参考:
EC022_L